条件で検索する

商品グループ
商品グループ
商品グループ

HOME > 製品案内 > 維持・保全

維持・保全

コンクリート構造物の維持・保全に伴う補修商材を取り扱っております。

内部挿入型犠牲陽極材-パッチガード工法

マクロセル腐食などの再劣化防止を目的として開発された新しいタイプの犠牲陽極材
 
パッチガード工法は、イギリスCPT(Concrete Preservation Technologies)社により開発された犠牲陽極材です。断面修復時に、鉄筋コンクリート構造物の躯体コンクリートに犠牲陽極材を取り付け、結束線を鉄筋へ接続することにより、断面修復箇所の再劣化を抑制する工法です。亜鉛と鉄の電位差により発電するため、外部電源は必要ありません。

  • 詳しくはこちら
  • PDFファイル

チタンロッド内部挿入陽極工法による電気防食システム

飛来塩分・内在塩分・凍結防止剤等による塩害対策の決定版(チタンロッド内部挿入陽極工法)
〔デュラノード(durAnode®)システム〕

NETIS新技術情報提供システム(No.TH-990090-A)に登録
「電気化学的防食工法 設計施工指針(案)」(土木学会)に記載


チタンロッド工法は、ヨーロッパを中心に多数の実績を有するデンマークCPI社製の電気防食システムです。鉄筋コンクリート構造物の躯体内部に棒状の陽極材(チタン製)を取り付け、鉄筋に対して微弱な電流を流すことで、沿岸部の飛来塩分、海砂を用いた内在塩分および凍結防止剤などよる塩害劣化の進行を長期にわたって大幅に抑制します。

  • 詳しくはこちら

小型携帯式鉄筋腐食測定器(ハンディタイプ)

本製品はコンクリート構造物の鉄筋腐食状況を非破壊的に測定する自然電位測定器です。

  • 詳しくはこちら